医療レーザー脱毛の仕組み|【魅力的な脱毛】医療レーザー脱毛でムダ毛知らずの身体をGETする

医療レーザー脱毛をやる前に知っておきたいコト

医療レーザー脱毛をしようと思っても、実は日本で行なう医療レーザーには数々の種類があるので、まずはそれを把握しておくと良いですよ。医療レーザーの種類によって特徴などが異なるのでチェックして、自分に適した方法を選択しましょう。

医療レーザー脱毛の種類をチェック

アレキサンドライトレーザー

この医療レーザーは施術する皮膚を冷却ガスなどで冷やしながら行なっていきます。医療レーザーでは痛みが伴う可能性が高いですが、アレキサンドライトレーザーでは冷やしながら行なうので痛みが緩和されます。

ダイオードレーザー

一般的な医療レーザー脱毛と言えば、このダイオードレーザーになります。他の種類と比べてみても照射出来る範囲が広くて、短い時間で多く脱毛することが可能ですよ。効率良く脱毛を行ないたいと考える人におすすめです。

ライトシェア・デュエット

ライトシェア・デュエットは、アレキサンドライトレーザーと比較してみても痛みがほとんどありません。皮膚を伸ばしてから、毛のメラニンのみをレーザーで照射していくのが特徴です。レーザーが弱くても高い効果を発揮することが出来るので、最近注目を集めています。

YAGレーザー

他の医療レーザーではメラニンに反応する性質があるので、日焼けした肌には施術することが出来ない場合があります。そんなときに活用したいのが、YAGレーザーです。日焼けした肌にも対応可能なので、日焼けをしている人はこのレーザーを選択しましょう。

医療レーザー脱毛の仕組み

レーザー脱毛

医療レーザー脱毛を知る

レーザーの性質を利用して開発されたのが、医療レーザー脱毛となっています。レーザーは照射する波長によって限られた物質や色に反応するので、脱毛に向いています。黒に反応するレーザーを使用することにより、効果的に脱毛を行なうことが出来ますよ。黒い毛に反応することで、熱が吸収されて毛の組織が破壊される仕組みとなっています。

期待出来る効果

医療レーザーにて毛根の組織を壊すことにより、新たな毛が生えなくなります。発毛の際に毛根が中心となるので、その中心を破壊することでムダ毛を無くしていきます。また、黒いメラニン組織しか反応しない性質を持っているので、他の皮膚を傷つける心配もありません。このようにムダ毛を完全に破壊して皮膚の負担が少ないことが、医療レーザー脱毛で期待出来る効果と言えます。

こんな人に向いてます

基本的に毛が濃い場合は、医療レーザー脱毛が向いていると言われています。黒色のメラニン色素にレーザーが反応するので、濃い毛の方が効果が現れやすいです。そのため、比較的毛の濃い部分に医療レーザ脱毛を行なうと良いでしょう。一方で、うぶ毛などには効果をあまり発揮しないので注意が必要です。

広告募集中